過去問題を解くのがポイント

看護師の資格試験の勉強をしている人は、まだ全然知識が身に付いていないと感じることもあると思います。そのため、参考書を片手に知識を詰め込んでいる方もいるでしょう。確かに、知識を身につけていくことは大切です。しかし、試験に挑む際は、過去問題を解いていくことがポイントです。看護師の資格取得を目指すのであれば、過去問題を取り入れた勉強をしましょう。勉強する時に問題集を利用している人は多いと思いますが、その問題集を解いた際どういった回答チェックをしていますか?丸付けをして納得しているだけの人も多いと思います。これでは、知識が身についたとは言えません。過去問題を解いて回答チェックをした時、間違っている個所に関しては掘り下げて勉強をしていくことが大切です。どうして間違っているのか・正解は何なのか・どうしてそういった回答になったのかなど、詳しく掘り下げて復習をするようにしましょう。点数だけに囚われていると、間違えた部分の知識をしっかりと身に付けることができなくなってしまいます。また、時には問題形式などが変わってしまい、過去問題だけに頼っていると試験当日に慌ててしまう可能性もあります。そのため、さまざまな問題集を取り入れて勉強しましょう。そうすれば、きっと試験当日も自信を持って挑めるはずです。今まで、多くの問題を解いてきた経験があれば、当日焦る可能性も低くなります。自信に繋げるためにも、試験前は多くの問題集にチャレンジしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です